知っておいて損はない

人口の半分以上の男性は、包茎ということで何かしらの悩みを抱え込んで生活をしているというようにいわれています。
この悩みの解消で、男としての自信が取り戻せるのも事実なのです。
それと同時に、包茎の問題や悩みを他人に打ち明けられないというのもあります。
状況によっては、排尿障害や亀頭包皮炎を引き起こすなど治療が必要となるケースもあるのです。

また、衛生的な面でも問題がありますし、性行為の際に痛みを感じたり裂傷を伴う事もあります。
こうした様々なことから重度の包茎の場合、対処策の必要が出てきてしまいます。
包茎とは、ペニスが包皮に覆われて亀頭が露出しない状態の事をいいます。
特に包皮輪が狭い、あるいは癒着のために亀頭が露出しない状態も同じようにいわれます。
通常は成長と共に亀頭が包皮から露出しますが、成人になっても亀頭が露出しない男性が多くいます。
これが、日本人男性の半分以上が包茎だという理由に挙げられるのです。

人間の体の成長というのは、ほとんどの人が18歳頃で止まってしまいます。
18歳を過ぎてもまだ包茎のままだとなれば、ほとんどの人が一生包茎ということになりますので、その改善方法として包茎手術を受ける人も少なくはないのです。

正直、仮性包茎の場合だと健康保険の適用がなされていないので、全額自己負担で手術を受けなくてはならなくなります。
決して安い費用で手術を受けることができませんので、この費用面で手術を断念する人も多いことでしょう。

Copyright © 2014 包茎に関する基礎知識 All Rights Reserved.